シミについて|MIO SKIN CLINIC(ミオスキンクリニック)|小田原市の美容皮膚科

〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-5-16
オゾン2ビルA棟2階

ブログ BLOG

シミについて

シミには多くの種類と
治療方法があります

日焼けや紫外線、適切ではない肌ケア、偏った食生活、女性ホルモンバランスの変化など、シミができる原因は様々です。また、シミといってもそばかす、肝斑、炎症性色素沈着など多くの種類があります。正確にシミの種類を見極めての治療、および原因の特定と改善が大切です。

このような場合はご相談ください

  • シミが増えた
  • 顔全体がくすんで見える
  • 化粧ノリが悪い
  • 化粧で隠すことができない
  • シミのせいで老けて見える

シミの種類

老人性色素斑日光黒子

「シミ」の発生原因は大半が紫外線といわれています。肌が紫外線を受けてしまうことによる損傷、および加齢やホルモンバランスなども原因でメラニン色素が沈着します。

そばかす(雀卵斑)

遺伝的な影響が大きいとされるそばかすは、頬あたりに細かいシミができる特徴を持ちます。幼少期~思春期にかけて、濃くなる傾向があります。チャームポイントとしても広く認識されています。

肝斑

肝斑は、妊娠中などホルモンバランスが崩れやすい時期にできやすいシミです。左右対称に現れる、口周りや頬骨に多い、境界線が不明瞭などの特徴があります。

くすみ(炎症後色素沈着)

肌に炎症が起きた箇所で見られ、血行不良や古い角質の沈着などが原因とされます。ターンオーバーを正常化してあげることで、少しずつ改善させることができます。

ADM

後天性真皮メラノサイトーシスの略であり、両頬に色素班ができてしまいます。10~20代で多く現れ、紫外線やホルモンバランスが関係すると考えられています。正確な原因は解明されていません。

脂漏性角化症

老化が原因で発生するイボのようなものです。全身のどこにでもできる可能性があり、首やわきなどは点状または糸状のものが発生します。隆起したものもあれば平らなものもあります。